九州新幹線新鳥栖駅パブリックアート制作

2011年3月12日に開通しました、九州新幹線新鳥栖駅(しんとすえき)にパブリックアートを制作しました。

九州新幹線新鳥栖駅は駅名にある「鳥」の翼をモチーフとし、県の鳥「かちがらす」の色合いである白・黒・青をカラースキームとして駅舎がデザインされました。アートワークは構内コンコースの正面に位置し、ガラスパーテーションの役割を果たすものとして設置。
駅舎と統一して「かちがらす」を絵柄のモチーフ として取り込み、駅とアートが一体となって地域特性を積極的に表現するものとしています。
パーテーションの奥にはトイレが配置されているため、プライバシーに配慮した半透明フィルムを用い、そこへ塚本智也が描き起こした絵を拡大印刷しました。光のきらめきと、未来へ羽ばたく躍動感を表現しており、
水彩画の原画そのままの雰囲気を残し爽やかで瑞々しい印象を空間にもたらしています。




Public artwork of Kyushu Shinkansen Shin Tosu station.

Shin-Tosu station building is designed based on bird’s wing, which comes from the magpie (the city bird), with its colors (white, black, blue) for main color scheme.
The artwork is installed in the center of concourse as a glass partition.
Magpie is selected for the motif of its graphic to unify the theme with building design, to express the regional characteristics actively.
Concerning for privacy, translucent film is used to print out the artwork, as there is a restroom behind the partition.
The graphic is originally drawn by Tomoya Tsukamoto. As it succeeded to keep the atmosphere of original water-colored drawing, it gives a fresh impression to the space.

 

 

原画となった作品
原画の作品の詳細こちら

Original graphic
Detail of Original graphic


新鳥栖駅外観

 

 

 

 

 

 

 

『九州新幹線新鳥栖駅、ブルネル賞を受賞!』

九州新幹線新鳥栖駅が、鉄道関連の国際的な賞である第11回ブルネル賞(駅舎部門)を受賞しました。

 

 

『Kyushu Shinkansen Shin Tosu station won 11th Brunel Awards ! 』

Kyushu Shinkansen Shin Tosu station won 11th Brunel Awards (Station Building category) which is a railway related international award.
Tomoya Tsukamoto joined to make the public art.


 

 

Home   Artworks   Projects   Biography   Contact        

Copyright (c) Tomoya Tsukamoto. All Rights Reserved.サイト内の文章・画像の無断転載・複製を禁じます。

 

 

Home   Artworks   Projects   Biography   Contact